教育方針ここでいっしょにあそぼうよ

ごあいさつ

葛西 真理子

 平成25年7月に短期大学、大谷高等学校が立ち並ぶ、函館大谷学園の敷地内に新築・移転し、27年4月、幼保連携型認定こども園として名称もあらたに『函館大谷短期大学附属認定こども園』になり、新たなスタートを切りました。
 “親鸞聖人”の教えを基にした人間教育を核に一人一人がいきいきとたくましく育つ環境を整えた、0歳から小学校就学前までの子どもたちの育ちを支える幼保連携型認定こども園です。
 窓から差し込む日差しが、元気いっぱいに遊ぶ子どもたちを照らし、心地よい時間が流れる新園舎。明るく温かな雰囲気の中で、友達や先生と過ごす時間は、子どもたちにとっても大切な時間です。
 体をつかってのびのびと遊んだり、自然に触れ合ったりなど、様々な体験を通して、子どもたちは成長します。その中で、不思議さやおもしろさに気付き、喜びを感じられる充実した体験ができることを願っています。
 そんな大切な時間がこども園にはあります。子どもたち一人一人と向き合い、先生も一緒に大きくなる…それは、一人一人が“自分らしくいきいきと生きる”ということ。 人とのつながりを大切に“いのちの輝き”をもってのびのびと成長していけるそんな場所に…と願っています。

函館大谷短期大学附属認定こども園
園長 葛西 真理子
中村享子

 裸足で遊べる築山と緑の芝生一面の中庭。
 園舎の近くには、お散歩に最適な五稜郭公園。恵まれた環境の中で、お友達や先生と関わりながら、心豊かに、力強く、そして、いきいきと輝いて遊べる場。そんな場所でありたいと思います。
 未満児は家庭的な雰囲気を保ちながら、一人一人の子どもに合わせた丁寧な対応を心がけ、保護者の皆様と一緒に子どもの成長を見守ります。 明日に向かって歩む子どもたちのために…

函館大谷短期大学附属認定こども園
副園長 中村享子
毛利 舞子

 子どもたちにとって初めての集団生活となるこども園。
 たくさんの不安の中、しっかりと子どもたちを受け止め、安心して「楽しい」と思えるような場となるよう心掛け努めています。
 「集団」の中には、たくさんの経験や学びがあり、そのひとつひとつが成長へと繋がっていきます。保育の中で、たくさんの経験をしながら、一人一人の良さを伸ばし、積極的に物事に取り組み、自分の力にしていけるようにしていきたいと思います。
 また、友達の存在に気付き、刺激をし合いながら、絆を深め「一緒」に取り組む楽しさを感じられるような保育に努めていきたいと思います。

函館大谷短期大学附属認定こども園
主任 柴田 朋恵

各書類ダウンロード

インフォメーション

ごあいさつ教育・保育方針満3・3・4・5歳児0・1・2歳児施設について入園案内キッズサークル年間行事アクセスダウンロード